White Lovers

白い世界に魅せられた社会人(記憶力低め)

今年の自分的三大ニュース

久しぶりの更新になった。

師走滅亡しろ、が今月の私的HOTワードなくらい忙しい月だった。

やっと今日が落ち着いていられる日になった(一応仕事だけど)

 

さて年の瀬っぽい記事を更新したいと思ったので、

今年私の身の回りで起きた事件の中から、

3つ選んで紹介するとしよう。

 

1.転職しました

いきなりの超プライベート

でも、これが一番私の中で大きかったこと。

前の会社は軽く触れたこともあるが、感情労働の世界だった。

そして、ITベンチャーになりたがっていた会社。

でもそんな世の中上手くいかなかったし、その他いろんなことが重なってずっと考えていた転職を実行した。

色んな人に、「なんで転職したの?」と聞かれるが、これ!というひとつの大きな理由はぱっと浮かばない。

ただ、転職を実行させようと決めた瞬間はいまだにはっきり覚えている。

それは、すでに終了している「水曜歌謡祭」の初回放送日。

残業地獄な生活で、癒しを求めて帰宅後録画した歌謡祭を見た。

増田くんが「マイ・ピュア・レディ」を歌い始めた瞬間、

涙がポロポロっと出始めて、止まらなくなった。

それから1時間くらいずっと号泣してて、こんなこと就活の時に第一志望の会社に落ちた時以来だった。

その瞬間「あ、こんなに疲れてたんだ」とやっと自分の心の疲れを自覚して、

このままだと本当にダメになると悟って、今に至る。

元々、今年中に辞めるを目標にして、

自分の想定では9月10月くらいに出来ればいいくらいの感覚でいたのを

思いっきり前倒しして、転職に向けて本腰を入れた。

今の会社でよかったか、悪かったかの判断はあまりしないようにしているが、

言えることは、心も体も前に比べてずっと穏やかになったのは実感している。

 

2、自担が国家資格をとった

このブログではおなじみの内容です。

これに対する私の心の変化は、

 

bloodorange.hatenablog.com

 こちらに書いてあることが全てだ。

相変わらずこのことに関しては、非常に浮かれポンチ野郎である。

だが、とてもひねくれ小娘としては、

自分自身が自担に対しての気象予報士いじりに飽きるが先か、

自担に本当に気象予報士としての仕事がくるが先か、

どちらが先か、非常に見どころである(誰も興味ない)

 

 3.自担のこと大嫌い期間

ある雑誌の発言から、自担のことを嫌いになった。

これは自分自身いろいろ考えて清算しているつもりなので、

あんまりほじくり出したくない期間だが、

元担含め遡っても好きなタレントをこんなに大嫌いって思うことはなかった。

でも、勘違いされたくないのは、

「好き」故に

こう言われてしまったから「嫌い」なのであって

本当に彼自身が嫌いなわけではないということ。

あとはヲタク事やそれ以外の分と

自分の中の全てのストレスというエネルギーが

たまたま自担に対して怒りと云う感情で爆発してしまっただけでもある。

つまりは、彼の発言がタイミング悪かっただけである。

あとは自分が読んだタイミングね。

乙女心とは難しいものである(雑)

 

 

これ以外にも、もっとたくさんいろんなことが起こった2015年。

来年はどんな年になるだろうか。