White Lovers

白い世界に魅せられた社会人(記憶力低め)

拘ってない様で拘る女

なんとなくはてなブログのグループに参加してみたら、

いきなりアクセス数が上がってびっくりしている。

自分が見ているところをみんな同じように見て、

いろんな記事を読んでいるんだな。

 

さて、今日はメンバーと付き合うなら阿部と必ず答えてくれる渡辺のお誕生日。

すのーまんは年を取るごとに年相応になるタイプなので、

(NEWSで言えばシゲアキタイプだね!)

みんな早く年を取ればいいと思う。

もちろん、色々な部分の成長は伴って。

 

せっかくなので、渡辺に関連した話をしよう。

前回の記事で、

 

「第二回この中で一番好みのダンスを踊る子は誰だ選手権」(参加者:SnowMan)

転げ落ちるように加速した結果 ③~底なし沼だった~ - White Lovers

 

 を行った話をした。

 

この時、優勝は阿部だったわけだが、次点は渡辺だった。

というよりも、渡辺だったのにもかかわらず、

リベンジャーで次準備のために捌けたため、

このタイミングで阿部を発見した。

だからもしかしたら、優勝は渡辺だったかもしれない。

可能性の話なので断言は出来ない。

 

ただ、このもしも論を展開していくと

「では、その時優勝していたら今現在渡辺担だったのか」

と、言うことも浮上するが、これは恐らくNOになる。

理由は渡辺のダンスが改めてみた時に彼が好みのダンスではなくなっていたからだ。

 

これだけの年数ジャニオタをやって、やっと自分が好む踊りが明らかになってきた。

 

まず大前提としてあるのが、

上手いから好き、下手だから嫌いではないこと

小さいころからダンスを習っていた経験があるため、

ある程度技術面で上手い下手の判断はつく方だと思う。

この上手い下手だけで好き嫌いの判断をする人間であれば、

多分もっと違う人のヲタクをやっていたはずだ。

というよりも、初めからジャニオタやってない(笑)

 

ではどういった踊りを好むのか。いくつか上げていこう。

 

・シャカリキであること

そもそもシャカリキってなんぞって思って調べたら、そういう漫画があるようで。

自転車競技の漫画だから、シャカリキ

なるほど、使い方としては間違っていないかな。

 

シャカリキってどんなだよって言われたらとても説明しづらいんですけど

増田とか神山とはわかりやすく当てはまってるかと。

もっとわかりやすくシャカリキだと、松倉とかシャカリキ判定だ。

 

・成長がみられること

小さい事から大きい事まで成長がなければ見ていて面白くない。

神山への熱量が下がったのは、私が勝手にスランプ期としている間は成長していなかったこと*1が大きい。

初年度JW*2の百花繚乱で、

阿部が最初追いつけてなかった振付が、後半見に行ったときには出来るようになっていて楽しかった。

そもそも、ジャニーズJr.はデビューしていない所謂芸能人の卵。

プロのダンサーや俳優、歌手とは違い未完成で世に出ていても(表面的には)悪くない存在*3

故に成長を見ることはジャニオタをしていく中で大切なものだと思う。

 

・感情表現が多彩であること

これに関しては、全Jr.に増田貴久の表現を見て、憧れてほしいと自信を持っておすすめ出来るカテゴリーになる。

そして、ここに関してが大前提にあった、

「上手いから好き、下手だから嫌いではないこと」

が現れる場所だ。

どんなに上手くてもただ踊りが上手い人がいる。

決められた振付をこなすだけで、その曲でなにを表現したいかがわからない人。

そういった人には、私の目が惹かれることがない。

 

ざっくりこんな感じ。

事細かい指摘もあるが、大体その人のことを応援したくなるかならないかは

上の3つに当てはまってるか違うかが大きい。

担当にするなら必須条件だ。

 

さて、話を渡辺に戻そう(今更)

では渡辺が上記3つに当てはまっていたかといえば、NO。

そもそも3つともに当てはまってない気がする*4

 

じゃあなぜ、最初の時に優勝争いをしていたのか。

この話はその内言いたくなったら言おう。

渡辺くんハッピーバースデー

 

 

*1:私が見ての判断なので、信用しないでくれ

*2:ジャニーズWESTではなく、ジャニーズワールド

*3:金もらっている以上はプロだろこのやろうとも思っている

*4:あくまで個人意見なので石は投げないで頂きたい