White Lovers

白い世界に魅せられた社会人(記憶力低め)

タイトルは思い浮かびませんでした。

KING&Princeデビュー決定おめでとうございます。

 

喜ばしいことだな、とは思っていますがここから先は該当担の方々が見ると気分を害する可能性も秘めてる自分の気持ちをはきだします。しがないすのーまんのヲタクの戯言です。

 

おめでたいことだな、と思ったのは本当の気持ちです。

デビューがあるとしたら、次は絶対にキンプリだと思っていましたし、それが妥当であるしむしろここの6人かはいびー辺りでないと、違和感すらあったと思います。

 

でも、やっぱり嬉しい、という感情はなくて。

 

きんぷりちゃんのことはとても好きです。自分が今高校生くらいの年齢であればきんぷり担になりたいって口癖のように言うほど、推せる要素をもった子たちであることは間違いないです。元増田担としては、やっぱりかいちゃんに対して「え~まっすーを尊先にしてるとか推すしかないっしょ~~!」と一昔前のギャルっぽさ全開の口調で推しJr.を決めたと思ったらあれよあれよという間に高橋海人担を名乗る運命に出会いたかった。ちょっと若さが足りなかった・・・(絶望)(ちょっとどころじゃ済まないことに更に絶望)

それくらい好きだし、心の中で応援はしていたし、それでもやっぱり嬉しいとは思えないから、担当との違いって当たり前だけどあるんだよね。

 

この吉報を聞いて、なにより一番に思ったのはこれを聞いた阿部はなにを考えるかな。ってことでした。それが絶望や諦めだったら苦しいな、と思ったのが正直なところです。

 

 

bloodorange.hatenablog.com

 

彼が誕生日の日に更新した記事ですが、ここにも書いているように彼は「負けたくない」というようになりました。この時の話は対メンバーに対するコンプレックスの話題が強かったかもしれないけど、それでもほかのグループをライバル視してないわけではないと受け取りました。

 

だからこういう状況になった彼の心境が気になりました。

 

彼や彼のグループの人たちは、もういい大人です。たくさん先輩や仲間や後輩がデビューしていくところを現役Jr.としてみたきた人たちです。外部で見ているヲタクなんかよりもよっぽど現実が見えていると思いますし、想像するよりもずっと生々しい事実が存在するかもしれません。

それを知っている彼は、この現実をどう受け止めるのだろう。と、そして前述したとおりそれが絶望や諦めに繋がってしまったら辛いな、と思ったのです。多分、ここでそう思うくらいならとっくに・・とも思えるけど、でも想像以上の何かがあるかもしれないしね。外野にはわからんよ。

 

なので、昨日のステージでは変わらず笑顔でいてくれた(らしい)のが何よりだったなぁと思います。そう思うのは、私はどうしても4年前のカウントダウンコンサートでジャニーズWEST*1のデビュー決定が発表されたときのことが忘れられないのです。彼らもコンサートに出演していました。

メインの人たちが喋っているステージから伸びる花道に立っていた彼は、そのグループが話をしている時、遠く離れた席からでも笑ってはいないことが感じられました。あの時がどういう心境だったかもわからないけれど、いつもステージでニコニコしている姿ばかりを見ていたから心配になったし、その表情は今でも私の中にトラウマのように残っているのです。

そういう経験があるからこそ、今回は笑っていたみたいなので、少なくとも悪く考えすぎなくてもいいのかなとは思えました。本当の気持ちなんて、ヲタクには一生わからないのです。だから表情を信じているのです。ただそれだけで不安だった気持ちはプラス方向に向いていきました。チョロイ。

 

不安に思うことは他にもたくさんあります。

後輩Jr.がデビューすると先輩Jr.たちの立ち位置だって難しくなるだろうし、そうなってくるとどこからどこまで影響あるかなんて、想像つきません。

でも今は不安に思ってばかりではなくて、現実を見る気持ちを作ったほうが後々のためだなと思ってます。明日はやっと帝劇に行けるので!本当に!楽しみ!!

 

 

おわり。

 

*1:発表当時の名前、後に同じ関西Jr.の仲間が3人加わりジャニーズWESTで正式デビュー

私の一番好きな女性アイドルがアイドルではなくなる話

今年もあと数日ですね!本当あっという間!あっという間すぎてマジでアラサーはびくびくしっぱなしだよ!

 

さて、今日はジャニーズとは全然関係ない話をします。

どうしてもどうしても、大好きなアイドルの卒業を、それに関する今までの自分の歩みと自分の気持ちを残しておきたかっただけのブログ。

 

f:id:mktt741:20171228141528j:plain

私の大好きなアイドル。その名は、伊藤万理華ちゃん。

1996年2月20日生まれのぴっちぴちの21歳。乃木坂46の一期生です。いや、でした。

 

彼女は今年、乃木坂46を卒業しました。

 

私はこの子のことがとってもとっても大好きです。

乃木坂46は親の知り合いの子がいるというとても微妙な理由から、結成当時(というかオーデイションしてる頃から)なんとなく気になってグループの動向をなんとなく見ていました。乃木坂ってどこ?*1も開始の時から見ていました。ただ基本的に人の名前と顔を覚えるのが苦手なので、メンバー全員の顔と名前が一致してはいない期間がかなりありました。にも関わらず、番組の選抜発表では涙を流すメンバーを見ては一緒に泣いたりしてました(ただの涙もろいオバサン)。

伊藤万理華ちゃんのことも当初からあ~可愛い顔している子な~って思いながらもあまり気に留めていない期間が長かったです。どれくらい気に留めてなかったかというと、BAD BOYS J*2を毎週見ていたにも関わらず、ナイツ*3レディースの一員だったけどそこにいたのが伊藤万理華ちゃんだと認識したのは、放送終了してからずっと後のことでした。今となっては、あの頃もっと注目していればよかったと後悔をしています。

ただ顔は元々めっちゃくちゃ好みでした。昔SNSのタグで自分の好みの顔9選みたいなタグが流行ってて、それがまだ万理華ちゃん推しとか言ってない頃なのに私が集めた9選の中にランクインしてます(笑)あ、好みの顔の話したいな、来年気が向いたらブログにまとめよう(今書きたいことをメモするスタイル)

 

 

そんな私が、突然万理華ちゃん推しを始めたきっかけは個人PV「まりっか’17」*4を見てからです。

 

f:id:mktt741:20171228150658j:plain

 

しかも発売してからずっと後に、たまたま某動画サイトで乃木坂ちゃんの動画を見まくっていた流れで、「あなたへのおすすめ」で紹介されたのをたまたまクリックしたから。たまたまって一文の中に2回も書いちゃうくらい、それくらいたまたまの出来事でした。

耳に残る曲と、歌詞にあわせた振付、上手いとは言えない歌声と、しなやかなダンス。

その全てに私は一瞬で、伊藤万理華という女の子に魅了されました。

 

本当この動画を何回見たかわからないくらい繰り返して見た。そしてほかにも万理華ちゃんが歌って踊るものをたくさん見た。とにかく可愛いくて、でも踊りが上手くて、童顔なのに、どこか大人びているそんな万理華ちゃん推しになりました。

 

………まあ、推しと言っても女子ドルにお金をかけられるほどの金銭的余裕と、優先順位を上げるほどの若さと、そもそもタレントと接触したいと思わないタイプのヲタク*5なので、所謂茶の間しかしてませんでした。唯一万理華ちゃん推しとして成し遂げたことは身近な友人たちに万理華ちゃんの顔を覚えさせ、歌番組に出ていると「あ、いるじゃん」って私が教えなくてもわかってもらえることだけです。ステルスマーケティングの第一歩を歩めました。

 

 

 

女子ドルにこんなにもハマったのは初めてだった、だからこそ楽しかったし、幸せだった。だからこそ現場に行く勇気が最後まで持てなかったのは残念だけど、でも茶の間でも十分楽しんでいた。パフォーマンスの時の表情がいいからか、本人が抜かれるタイミングできちんとアピール出来る子だからなのか、いい表情でテレビカメラに抜かれるんです。インフルエンサーのこことか大好きなの。

f:id:mktt741:20171228141236j:plain

 

 

さて、そんなに大好きなアイドル、伊藤万理華はこの世にもうほぼ存在していません。

ほぼ、とつけるのはまだ年が明けてからアンダーアルバムが発売されたり、写真集が出たりする予定があるからです。アイドルの伊藤万理華は残されていく。

だけど、リアルタイムでその姿を見ることはきっともうないのです。

 

女子ドルにハマるのが初めてだから、「お前の推し、この日でアイドルじゃなくなるから!」と教えてもらえるのも初めてでした。いつもジャニーズJr.が突然いなくなることになれていたから、逆に卒業を聞かせられるとそれまでの間、どういう気持ちで過ごせばいいかが不明だった。

テレビで歌を披露すれば、愛でる気持ちと一緒に「こうやって見ることが出来るのは残り少ないんだ・・・」とかいちいち考えてしまう。雑誌のインタビュー等も卒業に関する話題が増えて、実感ないのに無理やり現実を見せられていて寂しさが募った。

 

卒業の言葉を聞いた時からもやもや色んな事を考えていたけど、でも吹っ切れなくて、いい年してアイドルが1人卒業するだけでこんなに落ち込むとかバカなのでは・・と自己嫌悪もした。でも好きだから仕方ないよね。

その気持ちが前向きになったのは、『伊藤万理華の脳内博覧会』を見に行ったからです。本当は渋谷のが奇跡的に当たってたんですけど、見事に仕事が重なってしまいキャンセルせざるを得なくて(今思えばそれももやもやのひとつだった)、「このままじゃ、絶対後悔する!」と思って、勢いで京都行きを決めました。*6

そして、「はじまりか、」というそこで公開されていた映像を見て、私はまた万理華ちゃんの好きをひとつ増やしました。いや、ひとつとは言わない、無限大に増えた。好きすぎて泣いた。いや、本当に。その前に「トイ」を見て、彼女の表現力に圧倒されてうるうるしてたのが、「はじまりか、」で決壊した。

 

その映像に映っている彼女には、彼女のアイドルとしての全てが凝縮されている気がして、そしてそこから繋がる未来も想像することが出来て、「アイドルではなくなるけど、伊藤万理華を応援することはこれからもできる」そんな気がしたのです。

だからうだうだしてても仕方がない、と思って彼女の将来を楽しみに待っています。

今となっては、渋谷に行けたのにいけなかったこともむしろプラスだったと思います。渋谷に行けてたらいくら「はじまりか、」が追加されているからといえども京都までは行かなかったと思います。少年たちはどんだけついでだったんだよってツッコまれても構いません。秋冬はジャニーズ事務所と喧嘩してたので(びびるほど自分名義が当たってないから)、ただの万理華大好きオバちゃんしてたからね。

 

そんなわけで、今は寂しさもありつつ早く万理華ちゃんが「伊藤万理華」として世に出てこないかなぁと期待する毎日です。気が早いとは思うけど、でも彼女の言葉からは明るい未来が想像できたから、その日までずっと楽しみにしてる。期待しながらも、まだ万理華ちゃんのいない乃木坂46はまともに見れてないから、早く万理華ちゃんのポジションのない曲をたくさんつくってテレビで披露してほしいです。

 

万理華ちゃんの魅力については語りきれていないけど、そろそろ3000文字いくので切り上げたいと思います(笑)

 

アイドルではなくなるって悲しいけど、でも万理華ちゃんの場合はきっとまた見れる。と展望の持てる卒業であったことを嬉しく思って2017年をしめたいと思います。

 

f:id:mktt741:20171228140915j:plain

 

おわり。

 

 

 

*1:結成当初からのテレビ東京にて放映されている冠番組、現在は「乃木坂工事中」という名前に変更

*2:2013年4月~6月放送の連続TVドラマ。同年11月に映画も公開

*3:A.B.C-Zはっしーのチーム。チームには安井くんや萩谷くん七五三掛くんがいた

*4:5thシングル『君の名は希望』の特典映像収録

*5:のくせして時々ジャニーズの握手会とかハイタッチ会とかは地味に参加している矛盾ヲタク

*6:ついでに行く予定ではなかった松竹座のチケットも見つけて少年たちも見に行ってしまった

今年だけで(担当の)目標が3回叶った話

お久しぶりです。どうもこんにちは。

現場がないのでめっきり書くことがなくて放置気味ですが、自分がブログを持っているということは覚えていました。いや、現場行きましたけどね。はい、宮近くんと高田くんの出演する舞台に行きました。面白い内容だったし、友人とあそこのシーンは…と色々解釈を膨らませて楽しむことが出来て2度楽しい舞台でした。解釈を膨らませてからもう一度見たい舞台だったかなぁと思います。想像力が必要な舞台は大好きです。

 

それはさておき、今朝はまた浮かれポンチまっしぐらです。

 

www.oricon.co.jp

 

阿部亮平(ジャニーズJr.)が出演するんですって奥さん!

 

すごくないですか??大晦日にテレビに出演しちゃうんですよ??

ジャニーズなのに?紅白あるのに?ジャニーズカウントダウンあるのに?他局に出ちゃう??それが出来ちゃうのがジャニーズJr.の嬉しさなのか、悲しさなのか・・・(笑)

さて一瞬のネガティブはさておき、本当これってすごいことだよね!?

大晦日のゴールデンタイムから年越しの番組って多分どの局でもすごく大切で大掛かりなものだと思うんですよ。テレビ朝日はクイズ番組に強いから、例年通りこの番組を放送するわけですが、その中の一人に呼ばれることが過去のミラクル9の活躍を認めて頂いた気がしてとにかく嬉しい…。

 

 

そして明後日はミラクル9 3時間SPの放送ですね!

また活躍してくれてことを期待しています~~!あべくんならきっと大丈夫~~!

 

クイズ番組に出たいとずっと言ってて、今年は「今年の目標」としても掲げてて、それが1度本当に叶っただけですごかったのに、更にもう一回、そして大晦日にもう一度。

一年間・・、というよりも初出演が9月だから3カ月の間に3回も出演を決めるなんて、本当に素晴らしいとしかいいようがない!!

それもただの運がいい人、ってだけではなく本人の努力の賜物だなと思えるところが尊敬するポイント。これからもその努力がたくさんのところで実ってくれることを期待するしかないな!

 

 

24歳おめでとうございますって話。

阿部亮平くん、お誕生日おめでとうございます~~!

 

阿部くんにとって23歳がいい年であったかは不明ですが、たくさんお仕事もできて、充実はしていたのではないかな~~と思います。個人でも、目標だったクイズ番組に出られたし、NHKの番組に数回呼んでもらっているし、新聞や雑誌などの取材も個人で載ったりして、本当たくさん仕事したな~~という印象です!

きっと大学院の勉強も怠ってないんだろうなって信頼すらある彼ですから、とにかく忙しい1年だっただろうけど、でもステージに立つ阿部くんからは忙しいからという甘えは見えなくて、そういうところ好きだな~~と改めて感じました。

 

 

今年、阿部くんから出たワードでとても印象に残ってる言葉がたくさんあるんですけど、その中でも変化を感じてハッとさせられたワードが「負けたくない」。ある雑誌でほかのJr.をたくさん褒めて、その上で言ったワードで。

私は今までずっと阿部くんの雑誌での言葉が苦手でした。

彼は謙遜するというか、自分を下げた言い方をすることが多くて、それが少し悲しかったからです。もっと自信持っていいのに、頑張ってるのに、誰かより劣ってることが悪いことではないのに、って感じてしまってもはやモンペか?っていう域の心配っぷりをしてました。

でも、この「負けたくない」は彼が自分に自信がついたからこそ言えた言葉だなって気がして、いつの間にそんな変化がついたんだろうって驚きもあったけど、それ以上に嬉しくて、もう今年の頭くらいに出た雑誌なのに未だに引きずるくらいこのコメントが好きです。

 

23歳の阿部くんにはたくさん喜ばせてもらえるワードが多くて、応援していてよかったな~~!って思える1年でした!

24歳の阿部くんにも期待しかない!

 

 

おわり。

どうしてもツッコみたい少年たち2017

皆さん、秋は満喫していますか??

充実した夏をすごした主は秋がちょっぴり物足りないセンチメンタルジャーニーです(発言が適当)

そんなこと言いながら少年たちはしっかり行きましたーーー!!(はい!ここ笑うとこ!!)

 

すのーまんすとーんず*1の秋はまだまだ長いけど、私の秋は一区切り(安定のえび座が控えてますが)、もはや冬くるのか?って状況ではございますので、少年たちの感想・・もとい

 

ツッコまずにはいられない少年たち2017

 

をまとめます。

ちなみにネタバレをガンガンにしてますので、もし松竹座にしか行かないからまだ内容を知りたくないという方はUターンを。そして、とてつもなく偏ったツッコみになるかと思いますし、結構いいシーンに対しても冷静に見ると・・ってツッコみを入れていますので、どうか温かい目で見られる人のみご覧ください。

 

 

ジェシーの日本語

これに関しては毎年ではあるけど、今年は更に言いたくなるほど差がすごかったと思う。

最初京本に出会ったジェシーは「ニホンゴチョットダケナラ」わかる状態で、ルー大柴よりもネイティブな感じで英語を混ぜてきます。結構ベラベラ英語で喋ります。京本が熱心につけてる日記も「Diary」と訳してもらわないと理解出来ないくらい日本語は不自由です。

だがしかし

お馴染みの回想シーンで岩本と喋るジェシーは、日本語がペッラペラ。少し片言感は残ってるけどそれにしても「Diary」がわからなかった人とは思えないくらいに色んな単語を喋る喋る。

え、さっきまでのあの英語はなんだった??あれ幻??

岩本とのショックで日本語忘れたってこと??(それなら不本意ながらも理解はする)

それとも説明されてないだけで、実は岩本とジェシーは英語で会話してるけど演出の都合上日本語でお届けしてます的な漫画アニメによくあるパターンのあれ???

 

緑チームの人格の差

 和やかな空気に包まれてるオレンジチーム(すとーんず)に比べ、少々気性の荒い緑チーム(すのーまん)。人を殴ったり殺めたりして少年院にぶち込まれたと告白したかと思えば、かっこよく「か~ぜ~の~こいっとうしょ~」と歌いその後は客席も使ってのパフォーマンスで荒れ狂う自分たちの感情を吐き出します。

そうかと思ったらオレンジチームの新入り京本を見つけて、愛想よく自己紹介(後半は自己紹介はやってないけど)。なんだ~優しい人たちじゃ~んと思いきや、次に登場するときはただただ気持ちよく歌ってただけのオレンジチームに喧嘩を吹っ掛けます。

え、なに?なにが気に入らなかった??

さっきまでの和やかな人たちどこ・・・。怖いヤンキーだし、喧嘩を吹っ掛けた理由が見当たらなくて、これがただただ牢獄に押し込まれてるだけのストレスならマジでやばい。理性が保てないとか、精神的におかしくなってきてるから出所した後の生活が心配すぎます。

ちなみにこの喧嘩を吹っ掛けてるとき、他の奴より頭がキレすぎただけの阿部争いを止めようとする京本や戦意のないジェシーに殴りかかる、THE☆弱い者いじめをやってます(おい)。これだから頭のキレるやつは・・・負け戦はしたくねぇってことか・・(やめてやれ)

 

ここは日本か否か

1幕終わりにみんなで兵士の格好をして集団行動しているところ。あおい輝彦さんの低く貫禄のある声が号令となりみんなで動きを揃えます。

あおい輝彦さんの英語の号令が響き渡る中、一度だけ最上手にいる阿部が号令をかけます。

阿部「せいれーーーつ、よぉーーーし」

?????????

あれ、ここ二ホ・・・あれアメリ・・・・・??????????

 

 よく無事に帰れたな

ふかほくが戦場カメラマンとして戦地にいる際、ジェシーを見つけてみんなで戦地視察という名目で現場へ行くことが出来、ジェシーを見つけます。そこは戦場の最前線。

そう、最前線

鉄砲はパンパン打ち合いが行われているし、時々爆撃がドーンっってなって、みんなも吹き飛ばされるくらい。それぞれ痛がったりしてるし、怪我してる人もいるっぽい雰囲気。

そんな中で死んだのジェシーだけってもはや奇跡では??

11人は無事に日本に帰った感出てますけど、よくあの人たちあそこから抜け出せたよね・・・。視察だからって優しくしてもらえそうな生半可な場所ではなさそうだったけど・・・。これ、今回の中で、一番ツッコんではいけないけど、ツッコまざるを得ない状況だよね??

 

 

 

というわけで、以上が私がとにかくツッコみたい少年たち2017でした。

トンチキとはまた違う謎な設定を中心としてツッコんでみたけど、それを超えても少年たちが好きって思ってる自分が一番トンチキでは、と思っている。普通の舞台なら多分許されないけど、元はジャニーさんの頭の中から生まれたものだと思えば許せる自分がいます。

 

こういう意味わからないとこばっかりまとめたけど、今年のは戦争へのフューチャーが昨年以上に強くなっていて、こういうお話を見る機会って意外とないと思うのですごくいい機会だなと思いました。私自身は出身地諸々の関係で、戦争について学ぶ機会が多く有難い生活を送ってきましたが、そうではない人たちが今回の少年たちを見て、どう感じ取っているのかは興味深いな、と思います。結局自担しかみてないって思う人が大半なのかなぁ、それはそれで悲しいなぁ・・・。

特に岩本の台詞は考えさせられることが多く、その通りだと思い胸が熱くなるので、そこはこれから見る人はぜひ楽しみにして頂ければな、と思います。

 

というわけで雑すぎる秋のまとめでした。

 

おわり。

 

 

*1:敢えて夏に出来た「すのーんず」表記を使わないのは少年たちでのジェシーのウィルビー前の挨拶でこの言い方をしてなぜか気に入ったから