読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Lovers

白い世界に魅せられた社会人(記憶力低め)

ないものねだりなのかもしれない

祭りにいってきました。

出店とか出てるようなあれではなく、横浜アリーナでイケメン男子たちが歌ったり踊ったりしていた祭りです。

 

いつもならセトリごとに感想を述べ連ねるんだけど、今回は一度しか入ってないことと、開演前にトイレに行けず(激混みだった)、中盤「トイレ行きたい」という気持ちが強くてただでさえ少ない記憶が、いつもの100分の1もないという残念な結果になっておりますので今回はダラダラ感想回は割愛です。どこでトイレで抜けてしまったかも内緒です(どうでもいいわ)。

 

公演終わった後にはてなブログを徘徊して、感想ブログ読むのが好きです。

もちろん今回も色んなブログを読ませて頂きました。特に今回はたくさんの人が出ているので、自分の視界の外になってしまう子たちがなにしていたかやすのーまん以外のファンの方がすのーまんにどういう気持ちを思ったか見れたりするのが楽しいですね。

その中で他の人に言われていて、自分でも思ってたことと合致したのが、

 

Snow Manのパフォーマンス、インパクト薄っっ!

 

でした。

原因はいろんなところにあると思うんですけど、個人的には彼らの「個性」とされるアクロバットがやりすぎで、キャーポイントが不明なところ。

流れるようにたくさんアクロバットをやるのはもちろんすごいことなんだろうけど、結構人間ってずっとすごいことされるより、ポイントで一個本当にすごいことして「おおー!すごい!!」って思わされた方が印象に残る気がするんですよね。

そういうのが無いんだよな~って、特にオリジナル曲に関しては前々から思ってはいたんだけど、改めて広い会場で見たときに思いました。というか、そもそも会場広くなってるのにいつもと同じことしても「動きが密集してるなぁ」くらいにしか思わないんだなぁと妙に冷静に見てました。ジグザグの6人同時バク転も元々タイミングに違和感感じていたのですが、広い会場になると音と動きのタイミングにどうしてもズレが生じるので更に違和感が増しました。

あ、でもジグザグポーズで「せーのっ」ってみんなでやってもらうのとか、アクロバティックの「イケメンイケメン~」の振りを掛け声してたのはよかったと思います!楽しかったし、周りのキンプリ担もそこそこやってました!(驚くほどキンプリ担に囲まれた席だった)。

 

そんなこんなで、すのーまんにはインパクト薄いと思いながら他のグループにはたくさん感動するポイントがあって、いいなぁすごいなぁってみたいたんですがどうやらそれでも「???」って思っている人はいるようで結構びっくりしたりしました。

すのーまんに関してもインパクトが薄いと思うのは自分の感覚であって、他のグループのファンでも「すごい!」って思ってくださっている人がいるのも事実です。

多分きっと自分達が好きな子にはないなにかが、他の子たちにはあって、それがキラキラしてみえるから羨ましいんだな~って数日たった今日はハッキリとわかります。隣の芝は青いとはよくいったものですね。

 

きっとそこに納得できなければ、他の子を好きになってすのーまんさよーならーなんてことをするのかもしれないけど、幸いなことに(?)そういう子は今の所いないし、やっぱりコンサートで楽しそうにしている姿を見ると大好きだなぁって気持ち悪い感じの感情が湧いてくるのでこのままです(笑)

 

 

以上でした。おわり。

祭りもあるのでJr.に歌わせたいジャニーズ曲を考えてみた話

気づいたら祭りまで2週間切ってます!

途中まで書いてたこの記事を、祭りまでにアップさせないとなんかいやだ!!と謎の気持ちが渦巻きだして、以前書いたこれ↓

 

bloodorange.hatenablog.com

 を書いた時に、少しだけ書いて放棄していた記事を引っ張り出してきました。

 

今回は、グループを考慮したりしなかったりでぐっちゃぐちゃで書いてます!

 

 

 

雨のち晴れ(テゴマス)⇒萩谷×京本

私が大天使と謳うお2人にはテゴマスを歌ってほしい。元々萩ちゃんの声がテゴマス向きだと主張していて、手越の上ハモを出せるJr.はきょもしか浮かばないってところから、昔からこの2人にテゴマス歌ってほしいっていっているんですよ。

で、この曲チョイスの理由は、

告白なんてさ 柄でもないのに 

してみりゃバッチリごめんなさい

 ここを!!萩ちゃんに!!歌ってほしい!!!

だって可愛いじゃん!ストレートに告白するのが苦手なのにね!一生懸命告白してる萩ちゃんを想像しただけでもう世界が平和じゃないですか!?

これ2,3年前の2人だったら更にぴったりだったんだけどなぁ・・。

 

 

Love Melodies(NEWS)⇒キンプリ

曲が可愛くて大好きなこれは、キンプリちゃんに。

キンプリはまだまだ可愛いも似合う人達でいてほしい!!

 

 

XOXO【キスハグ】(中山優馬)⇒岩本×松村×美勇人×長妻

高身長集めてみました(どーん)

ってのもあるけど、高身長の人がこういう曲踊るとかっこいいと思うんですよ~~。岩本と美勇人が2人で振付とか考えればいいのでは~~??

「なんでもしてあげるよ」

この台詞の部分は、やっぱりほっくんかな・・・。

歌詞的にながつのキスハグはまだちょっと早いかな??って気もするけど、でも年上のお姉さんに翻弄されてるながつ可愛いな!?(やめろ

いわみゅとほっくんは色気ダダ流れるのはわかってるけど、ながつのこれ結構やばいのでは・・・。

 

 

Lovely Xmas(ジャニーズWEST/重岡神山)⇒阿部×萩谷×長妻

この阿部は亮平の方です(笑)

この曲の歌詞がすっごく可愛くて大好きだから自担に歌わせたかったんだけど、すの内だと一緒に歌ってほしい人が浮かばなかったので、私の中での純朴代表選手の萩ちゃんとながつを召喚します!!

この3人、ちょっと声量の足りなさが気になるところだけどな!?

そんなの可愛さでカバーするもんな!

 

 

疾走!Friday Night(NEWS)⇒Love-tune

この間久々にこれ聞いてて、らぶはバンド押しするならこの曲やってほしいなぁって思った。楽しそうだしこの曲好き。是非ボーカル3人はスタンドマイクで歌ってください。

 

JAM(嵐)⇒安井×樹×渡辺×七五三掛×顕嵐

チャラそうなの集めちゃった!意識してなかったのに!

線の細い人が、細かいステップ多めの振付踊ったらかっこいいかなって思って揃えたら、なんかみんなチャラい感じの人だった!!(笑)

でも「追い詰めたはずが追い詰められ」てそうな人多いよね(特に前者3人)※イメージです

 

 

エンドレス・サマー(NEWS)⇒岩本×深澤×安井×萩谷×諸星×美勇人

分かる人にはわかる組み合わせ。

青春の小箱開けたな???って感じですんません。これも昔から言っているからさ・・書くか迷ったけどさ、やっぱり未だに歌ってほしいしさ・・・。

この6人尊い・・・っていう人間なんだよね。好き。

ちなみに脳内では歌割を完璧に考えてるんだけど、そこは脳内に留めとくね(笑)

 

 

以上です。

本当は、嵐の曲もう何曲か書いてたんだけど、某少年たちが出演している番組でこの間歌ってたらしいので消しました(笑)歌ってほしかった人たちもそこに混ざってたみたいなので、オッケーってことで!

結構コアな曲を大目にあげたので歌わない可能性の方が高いだろうが、一曲でも祭りで歌ってくれたらはっぴーですね!

 

おわり。

 

 

さくらのような君と春のような恋をするJr.を撮影したい 3選

春ですね~~まだまだ寒いけど、暦の上では既に春!!

今年はいつもより早い段階から花粉に負けてて困ってます~~。

そして春といえば、さくら!

さくらと言えばさくらガール!(安易なヲタクの発想)

さくらガールといえば春のような恋!!!

 

春のような恋ってなんだ~~~!?(うるさい)

 

春になると浮かれ気分ですが、さくらガールは儚く散って行く恋がテーマです。

ガールを追っかけるイケメンはかっこいいなぁぁ。

ってわけで、今回は勝手に「さくらガールをテーマソングに、映像作品を撮るなら」をテーマにして、その主人公にしたいJr.とその設定を書き綴っていきます!

 

松村北斗(SixTONES)

ほっくんには、大学のひとつ上の先輩と恋をしてほしい。

大学敷地の隅っこにある古びた5階建て校舎の3階にある小さな教室で行われてるあんまり人気のない授業で出会った先輩。人気が無いから授業取ってる人は10人くらいで授業もアットホームな感じで進んでて、ある日ペア組んで取り組む課題でお互いぼっちで授業受けてた先輩とほっくんが余りものペアになることで仲良くなるの。気が合って仲良くなって、お互いが好きになるのも付き合うのもあっという間なんだけど、先輩は春から留学に行くこと決まってて、ギリギリになってほっくんに告げるの。もちろん2人が出会ったあの教室で。

いつもは頭の回転が速いほっくんもあまりに突然のことで「待ってる」とか言えません。先輩を思ってってのもあるけど、それをギリギリになって言うことへの苛立ちとか、言ってくれなかった寂しさとか、そういうのも混ざって言葉になりません。大人っぽくても大人じゃないもん。好きな人に対してはちょっとガキっぽいほっくんがいい。

先輩も本当は「待ってる」って言って欲しいけど、ほっくんを思って縛っておけず、一方的に別れを告げるの。そして、留学先へ旅立ちます。ああ、まってまってぼくのさくら~。

もちろんその教室からは桜が満開なのが良く見えます(3階にしたのは桜の木の高さと同じくらいに教室を位置させたかったから)。

そんな桜と、目の前から消えゆく先輩と、ノスタルジックなほっくん!!最高!!!

 

 

神宮寺勇太(PRINCE)

※死ネタ入ってるので苦手な方は飛ばしてください。

 

神宮寺のさくらガールは同級生で。

明るく天真爛漫な同級生を神宮寺が好きで好きでとにかく猛アタックしてその内にコロッといっちゃったのが始まり。クラスではお互い同姓の友達と仲良くしてるけど、登下校は約束とかしてなくても一緒だし、神宮寺の部活(サッカー部)の試合があれば必ず応援に来るし、休みの日は基本的に一緒にいる。そんな仲良しカップル。

けど、ある日彼女が事故に合っちゃって意識不明の重体に。

神宮寺は毎日毎日お見舞いにいって、眠ったままの彼女に他愛もない話をいっぱいするんだけど、容態が急変して帰らぬ人に。

2人目だから説明しなくてもいいだろうけど、病室からは桜の木が綺麗に見えます。

入院し始めが桜が咲きはじめるあたりで、桜が散るのと共に永遠の別れとなる2人。悲しみにくれる神宮寺を撮りたい。

 

 

 阿部亮平(SnowMan)

もうどうせ阿部を出すなら最初に書けばいいじゃんって感じですよね(笑)

設定は「生徒と教師の禁断物」阿部は高校の物理か科学の先生ね!白衣来て黒縁メガネかけてて欲しいんだ!!!もちろんお相手は女子高生。

教師と生徒が惹かれあって、人目を盗んで教室であんなことやこんなこと・・・

とか、しません!させません!!

「好き同士だけど、お互いの為にそれは口に出さず生活する」という禁断物の儚さをクローズアップしたい!!

女子高生は受験生で放課後によく阿部先生に勉強を教えてもらったり、阿部先生もそれを心待ちにしていたり、女子高生が同級生男子と仲よさそうにしていると気になっちゃう阿部先生とか、阿部先生と一緒に歩いている美人教師とか楽しそうに話してる同級生とかに嫉妬しちゃう女子高生とか撮りたい。

嫉妬した女子高生が阿部先生に強めに当たるの、「私は特別なんかじゃない」って現実が寂しくて(本当は特別なんだけどね?)、でも阿部先生は突き放す。その子の気持ちも自分の気持ちも気づいてるけど、彼女のことを思って自分じゃない誰かを好きなった方が幸せになれるって思ってるから。突き放されたことでもう踏み込めない現実を知ったから、その日を最後に女子高生は阿部先生に個人的に勉強教わりにいったりしなくなります。阿部先生は自分でそう仕向けたくせに、毎日待ってしまいます。来ないけど、待ちます。わかってるけど、そわそわしてるの可愛い。

そして春になって、女子高生は女子大生となって地元を離れていきます。

阿部先生はもちろん先生なので進学先を知ることも簡単ですが、何も言わず卒業を見送ります。お互いの想いを確かめることなく、離れていくことでお互いの気持ちを浄化する道を選びました。ちゃんちゃん。

 

 

以上です!!

 

学生の頃、映像撮るお勉強をしてたのでこういうの考える楽しい~~。

自分がどうこうなりたい系の妄想考えるより、客観的に見た妄想のが考えやすいタイプだから楽しかった~~~!また違うテーマでもやりたいな~~~。

 

お粗末様でした!

 

おわり。

 

Jr.祭りもあるのでSnowManに歌わせたいNEWS曲をまとめてみた

春です!まだまだ寒いけど、天気がいいので若干花粉にやられはじめているので、春です!!

春と言えば~~~??

滝沢歌舞伎だ~~~!!!

はい、Jr.祭りじゃないんか~~い!!って突っ込んで頂いた方ありがとうございます。

滝沢歌舞伎の振込は2/6(月)までですので、お早めに、な、私。(お前かい)

 

さて、Jr.担なら一度は自担にこの曲歌ってほしいなんて妄想しますよね!?私は毎日のようにしてます!(鼻息荒め)

というわけでその妄想をまとめてみました。元々NEWS担だったこともあって今回はNEWS曲に限定。

ちなみにSnowManとはこんな感じの6人組です。

 

f:id:mktt741:20170201152419j:plain

クロバットをたくさんやる踊りは得意なグループ。

一番左の青いマフラーの渡辺くんはサマリーでフライングをする小山を見て「これぞジャニーズだ!!」と思い*1、一時期憧れの先輩は小山でした。

真ん中左のピンクは佐久間くんで、一昨年のJUMPコンで増田に「佐久間くんだよね、知ってる。SnowManは踊り上手いんだよね」的なことを言ってもらえた子です。

右から二番目の緑は気象予報士資格取得している阿部くんです。シゲアキの「ピンクとグレー」を発売してすぐ読んでくれて雑誌で感想も言っていたことがあります。

 

以上がタイトルで気になって開いてくださったNEWSファンの方へのステマ向けでした(笑) あとの3人はNEWS絡みの紹介エピソード浮かばなかったので、気になる方は調べてください(雑か)

それではどうぞ。

 

Dancin' in the Secret

アルバム「LIVE」に収録されてる曲は結構すのに踊らせたい曲多いんですけど、これはその中でも特に一番踊らせたい。

歌わせたいじゃなくて、踊らせたい方。

っていうか、基本的にすのーまんの歌はそこまで期待してないから基本的に踊らせたい。で考えている方が多い(それならタイトル変えた方がいい)。

出来れば元の振付のままやってほしいんだけど、今のすのならどういう振付考えるかなってところも気になっているので、是非。

踊らせたい!!とにかく!!踊らせたい!!!

 

 

バンビーナ

もっと感じさせてやるよ 

これは絶対岩本に言わせたい。

コンサートで見た場合、会場の岩本ファンがどれだけ崩れ落ちるかが見たい。

全体的にも大人びている(というか、もういい大人)なすのには似合ってる曲。

 

Fighting Man

SnowManだからFightingMan歌わせたいとか考えてないよ!?(笑)

この曲やるなら、絶対前奏の始まり部分で、6人連続バク転するだろう。

間奏でもこれでもかってくらいアクロバットいれてこれる曲。

 

 

SNOW EXPRESS

これはまさしくSnowManだからだよ!?(爆)

 

Winter Moon

まずはこの曲が死ぬほど大好き。

 ってところから始まるのと、Whiteツアーでやった時の振付がちょっと物足りなかったんだよね。もっとガッツガツで踊って欲しかった。

から、すのにその気持ちを解消してほしい(笑)

結構細かいステップと踏んでほしい!!

すのの考える振付はどっちかっていうと全身運動多めで、あんまりステップが多い振付つけてるイメージないから五関くん(A.B.C-Z)がつける振りみたいなくらい細かいステップがいい!!

消えてしまいそうな はかない笑顔に

ふたりの秩序が崩れ落ちてゆく

 ここの部分を是非とも阿部に・・・!!!

真面目インテリ阿部がこれ歌ったらもう会場の人みんなノックダウンだから!!

そんな真面目くんが出来るの??って思うじゃん??出来るから!みんな寝巻き男子の阿部の画像探してみてみてよ・・あんなイメージだから・・。

 

 永遠色の恋

見えない糸に導かれて

2人は出会うための道を

一歩ずつ たどり続けてきたんだね

 こんなん歌われたキュン死(死語)にするじゃん!?

岩本さんと深澤さん(なぜかさん付け)のはにかんだ笑顔がアップになるところが容易に想像できるジャン!?(笑)

 

 

 

WORLD QUEST

この曲の歌詞が大好きです。

今のSnowManに全力で聞かせたいし、歌ってくれたら泣いちゃう自信ある(重い)

積み重ねたひとつひとつを 信じてステージの上へ

負けないという気持ち煽って ファイティングポーズとってひたむきに

 ここの部分がすごい好きなので、この気持ちを持ってて欲しいなっていうエゴもあるけど、私からみた彼等がこんな感じ。

 

 

本当はもっといっぱいあるんだけど、もう2000字超えそうになってるからやめとこう(笑)

今回はすのーまんだけにしたけど、普通にJr.バージョンも書きたい・・・!!

そして他の人の話聞くのも大好きだから、自分の好きなJr.に歌わせたい曲を考えている方は是非ブログ書きましょう!!

 

 

おわり。

 

 

*1:読売中高生新聞談

物議を醸していたので一応触れようと思ったステナビの話

ステナビのすのーまんの対談のお話をしようと思います。

絶賛発売中です。

 

STAGE navi(ステージナビ) vol.12 (NIKKO MOOK)

STAGE navi(ステージナビ) vol.12 (NIKKO MOOK)

 

 

いや、もはや今更じゃないか??

 

なにが今更かって、この子たちがこんなにも曖昧でふわふわしていて、頼りなくて不安になる発言しか出来ないことです。

今後どうしたらいいのかわからないとこも、自分たちのパフォーマンスに最大限の自信を持っているところも、使う言葉が下手くそでそれを表現するために周り下げをしてしまっているところも、なんとなーくわかってた。それが如実に出たね、って話。

ただ今回の対談は、その曖昧さとか頼りなさが少し鋭利なものにされていただけで、根本的にはいつもこんな感じじゃないかな?っていうのが私の感想でした。

正直なところそういうのが今まで上手くごまかされてきていたから、こういう本音を話す系の対談は好きじゃなかったというか嫌いだったので、むしろいつもより本音が見えてきた今回の方が好き。

 

とにかく、本人たちに伝えたいのは、使う言葉をもっと増やしてほしいことと、相手の話をきちんと聞いてほしいと云う事。

もちろん編集が加わっているのでどこまで本人たちの言葉なのかわからないけど、あの紙面を見ただけでは、彼ら自身が言葉のキャッチボールが出来てないようにしか見えなかった。

”対談”という形で紙面に載るのだから、本人たちもそして編集さんもその形の意味を考えた言葉を作って欲しかったな、と思います。

 

ただ怖いのは、こういうのを読んですのーまんに幻滅してしまう人がたくさんいること。

最近好きになったよっていう人が少なからずいると信じているのだが、そういう人たちがこの文面に幻滅して、応援しなくなってしまうことが怖い。

言葉は時として武器なので、そうやって自分たちの価値を下げてしまっていることが悲しいかな。

だからこそそうならないように、言葉を沢山習得してほしいし、結局こちら側は本当の事は知れないのだから、多少の嘘も見せ方としてはありと思っているので、多少なり嘘が混じっててもいいから「こんな風に言ってる人達を応援したい」と思わせてくれるような対談を作れるようになってほしいなと思いました。

 

年明けてからネガティブブログばっかり書いてない??大丈夫??

ま、いっか(笑)

 

 

おわり。